2008.10.08

初恋の人が夢に出てきた

今日は夢に初恋の人が出てきた。
中学生の同級生で同じクラスだった女の子。

入学式の日に初めて見かけて、かわいいなぁと思った。
教室に入って隣の席を見たら、その子が座っていた。
色白でアイドル並みにめちゃめちゃかわいかった。
英語の外人の女の先生は、その子を見て「She is very pretty!」と驚いてたほど。

僕が彼女のことを好きだということは、彼女も知っていたと思う。
友達が話していたから。
でも、彼女には他に好きな人がいた。
バレンタインデーにチョコレートを渡していたし。

それでも彼女は僕にはとても優しくしてくれた。
他の女の子たちは僕にとっても冷たかったのに。

卒業式の日までに告白しよう、と思っていたけど、結局何もできなかった。
手紙を書いたけど渡すことができなかった。

今頃何をしているんだろう、と時々思うことがある。
お母さんが看護婦さんだったから、きっと看護婦さんにでもなっているのかなぁ。
とっても優しい女の子だった。
最後に声をかけてくれた時のことを今でも鮮明に覚えている。

やっぱり、人には優しくしておいたほうがいいと思う。
ずっと良い印象のまま残っているし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)